方言でも標準語で存在する言葉といったものがあり、意味合いが変わってくるといったものがあります。
そのため相手に言った言葉で誤解を招くことがあり、相手を不快にさせたり、傷つけたりすることがあります。
標準語で「しなさい」は福井弁で「しね」というみたいですがこれは相手を怒らせるかもしれませんねw

標準語で「はやくしなさいよ」が福井弁で「はよしねや」ととんでもない言い方になってしまいますね。
福井の人なら理解できるでしょうが他の地域の人からすると不快になりそうですね。