日本語は場面による使い分けが多い印象は確かにありますね。
同じ「どうも」でも、出会ったときとものを受け取ったときでは意味合いが変わってきます。
母国語でないと感覚になれるのに時間がかかってしまうので、外国人にとっては鬼門の一つかもしれませんね。

日本人なら大抵は区別がつきますが「やばい」に関しては、日本人でも「どっちだろう」と悩むことも多いです。
なるべく混乱させないように、外国人と話すときは特にわかりやすい表現を使うように心がけたいですね。