ジョークを理解できない人やまともにソース元を見ない人が増えているのでしょうか?あるいは騙されてクレームを入れる人がいるのかもしれません。虚報タイムスが言葉の意味を正しく説明しているのが皮肉ですね。ギャグをこれギャグですよって言う程つまらないものはないです。

落語など寄席も基礎的な知識がお客にあるから楽しめる訳ですからね、そのうちテレビの芸人ですらこれからやる漫才やコントは作りものお話ですって注意書きの字幕を書かざるを得ない時代が来るかもしれません。