リサイクルショップにとって帯が付いているのは破れやすくて無駄な物だったのでしょう。わざわざ破いてまで捨てているようです。
一方レコードマニアにとって帯は重要で、その有無で数万円の差が出る商品もあります。レコード以外にも本の帯なんかも重要ですよね。

コメントでもレコードマニアの悲鳴が上がっていますが、元々リサイクルショップに持ち込むような人はその価値すら知らない人の為、それを売り買いする店だとこういうことも起こりうるとの指摘もある様です。

確かに勿体無いですが骨董品の価値が上がるのはこういう事情もあるからだとよくわかりますね。逆に大事に所持している人のモノの価値はどんどん上がっていくとも言えます。
価値がある人にとっては重要ですがそうでない人にはゴミにしか見えないのも骨董品の特徴かもしれませんね。