商品を補充しなくても勝手に周りの人がお皿やコップを置いていくので店側はお得ですね。ただし売れないと新たに商品がどんどん溜まって行くのでお店の負担も大きくなるリスクがあります。また無人販売なのでお金を入れている箱を盗まれる可能性もあります。

リサイクルショップの無人販売所と言う立地条件もあるのでしょうが、最初にここに不要なゴミとして置いて行った人もまさか自分の置いたものが売れてるとは思いもしなかったのではないでしょうか。
このシステムは無人販売所と言うより無人フリーマーケットと言えるのかもしれませんね。