睡眠時間が短いとアルツハイマー型認知症を発症しやすくなるというメカニズムですが、「アミロイドβ」というタンパク質が大きく関わっているそう。

なんでも、アルツハイマーを発症してしまった人の脳には、このアミロイドβが沈着していて、この厄介なタンパク質が神経細胞へダメージを与えることで発症に繋がってしまうと考えられています。

睡眠にはこのアミロイドβを除去する働きがあるため、毎日十分な睡眠を取ることはアルツハイマーの発症を抑えるのに効果があるようです。
皆さんも、なるべく眠る時間は確保するようにしてくださいね!