多分「うつ状態なのに、周囲に迷惑をかけないよう明るく振る舞わなければならない」ということなのでしょうね。
いわゆる「良い子を演じる」というか「明るい子を演じる」みたいな…。
ある意味自分自身に嘘をついている状態なので、それで心が疲れちゃうんですね。

「自分は俗にいう鬱ではない」と思いたくても、実は鬱だったということは多いです。
この方の言うように、明るい人でもなりやすいのです。
「なんか自分の気持ちがおかしいな…」と思ったら、早めに心療内科へ行って、先生に診てもらうのが良いですね。