見覚えがあり、懐かしささえ感じるこのビーズバッグ。以前は当たり前にあったものですが、もう作る人がいないので、このまま消えていくしかないのです。ビーズバッグは、スワロフスキーですら再現できないだなんて、そんな素晴らしいものだったんですね。

作る人がもういないって、すごく寂しいことですよね。またビーズバッグを作れる人が表れてくれるといいのですが。家にある人は決して捨てないで、ビーズが外れていても補修して、大切に保管しておきましょう。