話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

赤ちゃんが泣き止まない!一人で悩まないで夜泣きのフライヤーをご参考に!

初めての出産、初めての子育てと初めて尽くしの一人目は何かとうろたえてしまうことが多いですが、特に中々赤ちゃんが泣き止んでくれないときは気が滅入ってしまうかもしれません。そんな時は一人で悩まないで夜泣きのフライヤーをご参考にしてください!

子育て

教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪のアイコン
教えてドクター佐久@無料ア...
@oshietedoctor

今この時間、泣き止まないわが子を抱っこしながら途方に暮れている保護者もいらっしゃるかもしれません。
でも、何をやっても泣き止まないときはあります。決して保護者の力量が足りないからではありません。
大丈夫。泣き止ませられなくても保護者失格ではありません。夜泣きのフライヤーをご参考に。

赤ちゃんが泣き止まない!一人で悩まないで夜泣きのフライヤーをご参考に!

えひめ産みかん @hassaku_yuge

もうすぐ二人目出産です。 今回はこれを壁に貼って、少しでも落ち着くようにします!

La reine des fleurs @Pantherapardu19

赤ちゃんには、見ること聞くことなど、初めてのことがいっぱい。 これが嫌なのかなチェックをしても泣き止まなかった時は「今日はいっぱい刺激を受けたんだね~頑張った、頑張った」と考えてたな~。

ymshi8131 @ymshi8131

反町隆史さんのドラマGTOの主題歌と、青山テルマさんの「そばにいるよ」を聴くと眠る赤ちゃんが多いそうです。TVで検証してました。効果ありみたい。

涙の理由を変えたいコミュ障 @adhdossan36

神画像ですね^ ^

kadda kawa @kaddakawa

おんぶして、夜中の散歩派だったかな

めぐっぺ @Bsx4LBW1ZEk5YXM

うちの子の乳児期は、起きている時は泣いている時 な子だったので💦 昔は今の様にSNSもそんなになく、良く泣くうちの子は病気扱いされていました。 産後のメンタルもボロボロで、夫も理解なく、泣き止まない我が子が離婚の原因の一つとなりました。

輝虎𓃠行司様推し @terutora1228

8人産んでても 末っ子1歳、泣き止まない! なんじゃこりゃ!ってなりますが このフライヤー見て 受け流しています🤩

しらたま @shiratama_sanko

なぜひとりで乗り切ろうとしたんだろう。私あほでした。

ひとみ @hitommy_sg

お母さんは万能な訳ではありません。 これに尽きる。

F.Murakami @fumimifu

イラストと親しみのある内容。こういうので更年期編を作っていただきたいなあ。

さけるちーず @saketeruti_zu

3人の夜泣き、一人で見た。 旦那は作っただけで何もしてくてない。

真凛🍈(姐さん) @yoshinomarin0

あの頃はネットやSNSなんてなくて、今以上に孤独な子育てだったよ 誰も教えてくれない、本しか頼りがない それでも、マニュアル本を読めば馬鹿にされる時代だったなぁ

小咲もも @mangakakuhito

この中に「お腹にガスやうんちが溜まっている可能性→対策としてお腹をのの字マッサージor綿棒浣腸」も入れて欲しい🙏 下の子はもう1歳9ヶ月ですが、未だに寝る前や寝起きにやたらと機嫌が悪い時は、やっぱりお腹にガスやうんちが溜まってます。

佐々木惣 @PuffinSsk

懐かしいなぁ~。うちの解決方法は「外に出てみる」でした。家の近くの大きなケヤキの木の下で必ず泣き止むんですよ。そこに連れていくと「ふぎゅ~」と泣き止む。

@yoku01124679

成長痛が夜泣きの原因になってることもあるって聞いたことがある。

y0shiry0_ @y0shi_ry0__

親の焦りが伝わっている事も多々ある。 へその緒が途切れても 何かしらで繋がっているから。

大和 京桜 @kyuchan797

うちも上下そろってウルトラ泣く子だった。数時間全力で泣かれることもしばしば。赤ちゃんの隣の部屋で珈琲ケーキで好きな音楽大音響で聴いたりしたなぁ。気分転換して、よっしゃもう一回頑張るかーって。懐かしい。

家の中、電車の中、夜泣きなど中々泣き止まない我が子を抱っこしながら途方に暮れている保護者もいることかと思います。
ただ、赤ちゃんは泣くしかできないので泣き止ませられなくても保護者の力量が足りないからではなく、まして保護者失格などではありません。

何をしても泣き止まない時だってあります。
あまり悩まず一人で抱え込まないで夜泣きのフライヤーをご参考にどうぞ!
「赤ちゃんは泣くのが仕事」と思っていれば少しだけ心も軽くなるかもしれません。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード