同じデータを見ているはずなのに、見る人によってこれほど違いが現れるのですね!
比例関係、指数増加、他のデータとの比較、別次元での周期性、どれも納得できる発見です。

これらの気づきは、比例を知っていなければ、指数を知っていなければ、別の実験データを知らなければ、別次元に拡張できることを知らなければ、それぞれ分からないことですよね。

知識量によって同じものでも見え方は変わっていきます。
是非、たくさんの知識を身につけて多くのことに気づける視野の広い人間になりたいですね!