気温がマイナス1,2度程度なら一週間くらい水道管が破裂せずに住むかもしれませんが、マイナス20度までなってくると一晩で凍結して二晩で水道管が破裂してしまいます。特に学生さんなんかは、真冬の時期に大学で徹夜して勉強あるいは研究をしたい場合、十分に凍結には注意して下さい。

凍結による水道管が破裂、便器のひび割れが起きたときのための共済や保険がありますので、雪国在住の方、または在住予定の方は加入しておくことをおすすめします。