額縁の中でこちらに視線を向ける有名絵画の人物達。誰もが知っている絵であり、そのクオリティの高さに感動を抱く芸術祭のアートですが、最後までみるとオチ?!とも思えてしまう作品が。

確かに有名絵画とある意味同じくらいの知名度のある作品ではありますし、再現率はものすごく高く見えるので素晴らしい作品ではあるのでしょうが、思わず笑ってしまいそうになりますね。

最後のインパクトが強すぎて、その辺のセンスも流石といったところでしょうか。