近眼は遠くのものを見ようとした場合、ピントが合わずに文字などがぼやけて見えてしまう状態のことになります。
しかし視力がいい人からするといまいちピンと来ずそこまで大変なことと理解できないといったことがあります。
南アフリカの画家が描いた「近眼の人から見た世界」ですがこれだけぼやけていることがわかりますね。

風景全体がぼやけており、文字だけでなく人の顔も判別するのは難しいかもしれませんね。
ずっとこの光景を見ていると考えると疲れてきてしまいますね。