手塚治虫の直筆の手紙と生原稿です。何通もやりとりをしていたそうで、葉書もたくさんあります。

60年ほど前ということで、髪や原稿はかなり古くなっていますが、字はまだまだ読めます。

鑑定番組の選考に落ちたということですが、金銭的価値はなかったのでしょう。

でも手塚治虫の価値がないわけではなく、むしろとても貴重な物に変わりはありません。

手塚治虫に『漫画家の素質が充分にあります』と言われていたのは、とても凄いことですよね。ですが「漫画家目指して東京へ出ていたら、私は今いない」というツイート主の言葉は、もっと凄い運命を感じてしまいます。