プロのスポーツ選手やプロの芸術家など特殊な職業になりたいと思った場合、周りからいろいろ言われることがあります。
特に現実的な目上の人から反対されるといったことがあり、それによって諦めるという人も多いです。
しかし目上の人の意見が正しいとは限らずうまくいくこともあるみたいですね。

漫画家になりたいと言うと否定されることがあったり、ギャグマンガは寿命が短いからストーリー漫画を描くように言われるみたいですね。
ただどれも結果的に言ったこととは逆の結果になったみたいで相手の言うことは鵜呑みにし過ぎないようにしたほうがいいですね。