原産地を中国西部・中央アジアとする植物で、日本では食用などに栽培されていることで知られる「ネギ」は、薬味として生で食べらるほかに、鍋や味噌汁などのように加熱調理して食べる方法もあります。今回注目されていたのは、野菜のカタログに記載されていた「剣シリーズ」と称されたネギの種類で、それぞれ「葵の剣」「光の剣」「緑の剣」など、まるでファンタジーやゲームにでてくるかのような名前が付けられていたことが話題となったようでした。

こんな面白い名前がついているネギが売っていたら、買ってみようと思うお客さんもいるかもしれませんね。