ドイツ人の時間厳守の概念は、朝遅刻せずに会社にきちんと出勤し、終業時間になればきちんと家に帰ることだということです。日本人の場合、会社の始業時間は何が何でも守っていますが、終業時間については曖昧な部分があるのではないか、終業時間を守ってこそ時間厳守ではないのか、ということでした。

確かに始まりの時間を守っていれば時間厳守ということではないのかもしれませんね。日本人の働きすぎやサービス残業などはドイツの人々からは考えられないことなのかもしれません。