傘を使わない場合は手に持ちますがその際に傘の柄の部分を持たずに横持ちをする人は多いです。
しかしそれは時に危険な持ち方とも言え、階段を上がっている時に横持ちだと後ろの子供の目線に傘の先が近づいて危険なようです。

実際に傘の先が子供に当たって負傷したといったことがあったようで危険な持ち方となっています。
傘を持つ際は持ち方に気を付けなければいけなく傘の先を人に向けないようにしないと怪我の元になるので気を付けたいですね!