こちらの大葉の保存方法のポイントは、ジップロックを斜めにして吊るすことで、少し入れた水がジップロックの角にたまり、大葉の茎が浸かるようになっていることと、ドアポケットに吊るして保存することで、冷蔵庫の中で忘れ去られない、ということだと思います。これなら冷蔵庫を開けた時に、パッと目に入りますよね。

大葉は葉の表面からも吸水するということで、大葉全体を水に浸してから、こちらで紹介されている通り保存すると、さらに瑞々しく長持ちするというアドバイスもありました。

これからはこの天才の方法で、大葉のミイラを見る機会が減りそうです。