説明書を捨てて困ったら問い合わせすればいいという発想に驚きです。

いきなり問い合わせなんて、何のための説明書なのでしょう。

説明書には使い方だけではなく、困った時の対処法や命に関わる注意事項や禁止事項が記載されています。

使い方を理解したからといって安易に捨てていいものではないはずです。

説明書を読んでもどうしようもないときのために電話という手段があるのではないでしょうか。

説明書は大事に保管しておくべきですね。