ベルリンの壁は1961年に突然建設された壁で西ベルリンを取り囲むように建設されました。
そして1989年にベルリンの壁が崩壊したことは有名ですがベルリンの壁自体を勘違いしている人もいます。
イメージで東西ドイツを分けるためにベルリンの壁があると思っている人もいるみたいですが実際は違いますね。

実際は東ドイツにあるベルリンを東西に分けて東ベルリンと西ベルリンに分ける形だったみたいですね。
ドイツを東西に分けるための壁であったなら相当大きな壁になっていたでしょうね。