日本独自のウィンナーとして、朝食やお弁当のおかずとして知られる赤ウィンナー。ドイツ人男性は、アニメ「カードキャプターさくら」の中に登場した、赤ウィンナーを飾り切りし、タコの形にしたタコさんウィンナーに憧れていたということでした。16年前に見たアニメからこのタコさんウィンナーを食べるという夢が、日本で今回叶ったということだったようでした。

ウィンナーソーセージの本場でもあるドイツでも、このようにウィンナーを飾り切りするような文化はないようで、赤ウィンナーでタコを形作るということが珍しかったのかもしれませんね。
タコさんウィンナーでここまで喜んでもらえると、こちらもうれしくなりますね。