買ってから実は既に同じもの持っていたと気付く場合はありますが、意図的に二冊買っていく人も結構いるんですね。自分のオススメを誰かにプレゼントする布教用や、独占欲からくる保護用、ネットですぐに相場を確認できるので転売目的の「せどり」などの理由がある様です。ただ家で探すのが面倒という理由は初めて聞きましたね。よっぽど部屋が散乱しているか本の山なのかもしれません。

電子書籍ではいずれも起こらないことを考えると、内容以外にも紙の媒体自体が価値を持っていることがよくわかりますよね。お気に入りの本はあえて二冊持っておくのもアリかもしれませんね。