就職活動中の大学生と、ひょんなことから大学生の部屋に同居することになったヤクザの兄貴が作る料理を紹介する漫画「任侠飯(おとこめし)」。そのストーリーの一コマで、料理上手な兄貴に対して大学生が飲食店を出店することを考えなかったのかと質問をしたことから、独立やフリーランスで働く大変さを大学生にも理解できるような、分かりやすい表現で説明していたことから、注目されていたようでした。

フリーランスや独立に対して漠然としたイメージを持っている人にとっては、分かりやすい説明だったかもしれませんね。