機械や電気・電子、建築・土木などを代表とする、工業や産業などの専門分野や知識を学ぶことを目的とした高校の一つである工業高校では、分野の特徴もあって進学するのは男子生徒が多いようです。そんな工業高校に編入してきた女子高生の現実は、クラスに女子が自分一人とはいっても特別チヤホヤされることもなく、また別学科の女子生徒たちにはいじめられるということもなく、面倒をみてくれるいい子たちだったというものでした。

進学した人、また在籍していた人にしか分からない世界ということもあり、現実と想像とは違うというものが分かりますね。