正しい診断を行うためには患者の状態を知ることが不可欠。どこかに痛みはあるのか、気分は良いのか悪いのか…などなど、少しでも多くの情報を得られた方が診察しやすいですよね。
そのためには会話によるコミュニケーションが必須。どうしても言葉を解する能力が必要になっちゃうんですね。

しかし、青森で使われる方言の難解さといえば全国屈指。一朝一夕で身につくものではありませんよね。
通常の医学の勉強に加えて、難解な方言の勉強までこなさなければいけないなんてかなりハードそう。お医者さんって本当に大変ですね。