今回のマークについてですが、
「ヘルプマーク」は、支援を必要としていることが外見からは分からない方々が援助を得やすくするためのものです。例えば、洋服で隠れた脚はもしかしたら義足だったり、または見かけでは分からない心臓のペースメーカーを付けていらっしゃる方、パニック障害の方など移動手段に公共交通機関を使用している方、見かけ以上に大変な事が障害を持っているとあります。もし、このマークを付けていた方を見かけたら、どうか席を譲ってあげたり、また、何か起きた時はこのマークの裏にその方の症状を記載していますので、どうか対応をお願いいたします。