阪急電鉄はどういった意図でこの広告を打ち出したのでしょう。

阪急電鉄は給料はそれほどでもやりがいがあると伝えたかったのでしょうか。

しかし昨今、商品の値上がりはしても賃上げは大してしないのが現実です。

30万もらえるだけで普段より多いと感じる人も多いはずです。

さらに安月給で、仕事もブラックな企業もまだまだあります。

30万を安いと感じているこの広告に大して、十分多いと反感を抱く人も出てくるかもしれません。

どの層に向けての広告なのか、伝わりにくいですね。