憧れのキャンパスライフだと友人や恋人と毎日楽しく過ごすことを夢見ますが現実はいろいろと大変です。
徹夜で書いたレポートが再提出になったり彼女に振られたりと傍から見るとかなりキツイ4年間を過ごしたように見えます。
しかしポジティブに捉えると今後の自分の人生において試練であり成長しかない4年間だったのかもしれませんね。

自分の短所も捉え方によって長所になることがあるようにこの広告はポジティブに捉えていていいかもしれません。