見本を見せたり、得意なことをやらせたり、手順を教えたり、教育係を明確にしたりと、新入社員がやりやすい環境を整えることが両者にとってメリットと言えます。

この絵はもともと、発達障害の方達を雇う上での啓発のために描かれたものだそうです。でも誰に対してもこのように指導すると効率がいいのかもしれません。

このことから、最近の新入社員には「見て覚えて」「1から10まで言わないとわからないのか」という言葉は通用しないのでしょう。

「期限がわかれば集中力倍増」「休みの取り方は千差万別」「ルールがわかれば模範社員」「相談できればこころはいつも雨のち晴れ」などもあります。