漫画の実写映画化は今ではよくあることと言えますがヒットするものもあれば大失敗に終わることも珍しくありません。
そのため漫画が実写化された際の作者の心境は気になるところであり、お金のことも気になります。
銀魂が実写化された際の空知先生のコメントがこちらになりますが漫画家の本音が入っていていいですねw

漫画原作者に支払われる額と言うものはかなり安いみたいで原作使用料だけなのでヒットしてもしなくてもあまり関係ないのかもしれませんね。
本当にその作者さんを助けたいなら単行本を買うのが一番みたいですね。