ある日、孤児として生活していた男の子は身なりも美しい魔女に拾われることとなります。男の子のためを思って、魔女は一生懸命に食事や衣服を用意し、男の子にとって自分が必要不可欠な存在であることに喜びを感じていました。月日は流れ、男の子も立派な青年に成長したころ、青年が魔女の食事の世話や、身の回りの雑用などをこなすようになったことから、魔女にとって青年なしでは生活できなくなるという、以前とは全く逆の立場になってしまっていたようでした。

お互いに居なくてはならない大切な存在、いわゆる家族になれたことは青年にとっても魔女にとっても良かったことですね。