いかがでしたでしょうか?ツヤツヤのいくらというのはとても描きにくいですよね。ツヤツヤだから描きにくいというよりは、ツヤツヤで透明感があるから描きにくいのですよね。

ですが、こうやってイラスト付きで説明があるととてもわかりやすいですよね。しかもかなり手順もわかりやすく記載されているため、とっても描きやすいですし、簡単なステップで描き進めることができるため、この描き方は本当におすすめです。ご飯のシーンでいくらがある人はぜひ使ってみてくださいね。