153,600粒のパンチ屑を表と裏の2色で表現する為にピンセットで1枚ずつ貼り付ける途方もない作業ですね。ふと思いついてやってみたけれど労力が大きすぎて途中で後悔したのでしょう。300時間もかかったせいか職員さんの「もう二度としない」のコメントが面白いです。

ちなみに駅の切符はリサイクルされ、トイレットペーパーやペットの猫砂、駅のベンチなどに再利用されます。あれだけの量ですから捨てるのは勿体ないですからね。こうして人々の目に留まるアート作品を作った職員さんも評価されてほしいですね。