話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

Amazonの詐欺メールに注意!特に赤色の囲いに‼

皆さん唐突ですが、通販サイトを利用したことはあるでしょうか?通販サイトは当然便利ではあるものの、中には詐欺通販サイトも含まれているため、お金をだまし取られてしまうリスクもあるのが悩みなのですが、そんな有名サイトの詐欺サイトを見分ける手段があるとのことです。

詐欺

辰砂(愚者の楽園)全て発送済のアイコン
辰砂(愚者の楽園)全て発送済
@cinnabar5820

Amazonの詐欺メールに気を付けてね。

恐ろしい事に緑色で囲った所から、Amazonの自分のアカウントに飛びます。

で、赤色で囲ったところをタップすると3枚目の写真に飛びます

この3枚目、何を入力しても4枚目に飛びます。
試しにデタラメのパスワードを入力しても、4枚目の画面に飛びました

続く

Amazonの詐欺メールに注意!特に赤色の囲いに‼

Amazonの詐欺メールに注意!特に赤色の囲いに‼

Amazonの詐欺メールに注意!特に赤色の囲いに‼

Amazonの詐欺メールに注意!特に赤色の囲いに‼

Amazonへの反応

のら @Nora_valo

僕も危うく騙されそうになりました!

Amazonの商品に笑ってしまう!ガーデニング用のタコ!

アンブァ:| @ObR5DZsYa9s07nJ

これ自分のアカウントじゃなくて個人情報を入力させる偽のサイトですよ。 よく見るとAmazonのロゴの画質がおかしいです。 自分もそれ危うく入力する所でした

ノルレボとCRYSTAL @2Oleebgreen

これじゃないのが1度きたなぁ 直ぐに分かったけど怖いからパスワードを変更しました

クロム猫@甲甲甲‗初甲勲章 @kuronekoda3

Amazon利用しない方がいいかも

🐈なっつ🐈‍⬛ @kuronekotan

URLでも判別可能っすー

中道 積 @teburemeijin

先日ETC利用照会サービス <noreply@etc-meisai.jp>から詐欺メールが届いて驚いた 個人名はなくメアド様宛 noreplyの時点でおかしいし、そんなサービスはない 当然フィッシング詐欺メールと報告しといた 日本語がおかしい、シナ人の仕業か?

佐倉井くん @sakurai6663

巧妙になっていますね。 しょっちゅうAmazonじゃないところから怪しいメールがきています。 最初に[Amazon お客様]という文言があれば確実にスルーしているところです。

まくふぁれ @otogi_gangnach

めんどくさいけどメールやSMSでこういうの来たら、アプリで開き直すか公式ホームページから確認する癖つけた方がいいっぽいです☺

しろっち@宿毛湾泊地 @sirotty

そういえば明らかに怪しい偽アマゾンからのメールが届いてましたね。題名に「ご注文状況を確認ください」と書いてあって「!?」と思ったがアカウントサービスを確認して偽物だと分かりました。でFROMの吹き出しを見ると <account-update@amazon.co.jp>と書いてあったのでご注意を!

リ↑ル↓(ゲームくらい夢見させろ) @0417RIRURIRU801

機種交換したあとにきたため引っ掛かりました(;ω;) 今はカード番号変えて登録メアドも変えました

ニックぼ @_nqbo_

うっかり入力してしまったときのことも考えて二段階認証の設定をおすすめします

spade @spidewort0805

こう言うのってそもアプリいれといてそっちから確認するようにしたら大抵防げん?

Lunatic_tkm @Lunatic_tkm

更新するまでアカウントにアクセスできませんっていうのがまずあり得ない。

サムス @tuutiapp

Amazonからのメールは全て履歴から見られます!拡散してみんなを安心させてください!

アデラド・リー @Adelade_Lee

この手のメールはどうしても確認したいときは メールリンクからではなくブラウザから直接アカウント確認に行ってます まぁメールはほぼ無視してますけど=w=

人非「鬼助」 @Iaia_kko

つい先週、自分も引っかかりそうになりました どんなIDとパスワードでもログインできますし、ログインしたままにするのチェックマークをタップしてもつかないので、怪しいと思いました

Amazonの商品に笑ってしまう!ガーデニング用のタコ!

悪魔 小僧 @akumakozo

これは個人名が書いてないので無視してOKなんです、お客様 って始まるメールはすべておかしいんですよ、○○様ってのがあって次にお客様ならありえますがメルアドはどこかで拾っても個人名は一致しないので書いてません。

今回紹介する注目の詐欺サイト対策方法は、こちらのAmazonのサイトの詐欺対策なのですが、これさえ分かってしまえばもうお金をだまし取られることはないことでしょう。

まず1枚目の画像を見かけた段階でもはや詐欺サイトと疑ったほうが良いかもしれません。そして緑で囲ったところには自身のアカウントサイトに飛び、赤色は3枚目の画像に飛び込み、。そして入力すると4枚目の画像に飛び込むしようとなっています。

まず前提的に一切入力はせずに、Amazonのお客様サービスのチャットやアカウントサービスから指定のアドレスに送信されたメールを調べてみると対策することが出来ます。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード