話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

当時は猛反発だったが…。現在は受け入れられるであろう「育児をしない男を父とは呼ばない」ポスター!

「イクメン」と呼ばれるパパさんが増え、育児に前向きなパパさんが増えましたよね。そんな中、1999年に厚生労働省が作成した「育児をしない男を父とは呼ばない」ポスターが当時は反発だらけでしたが、この令和の時代に出たら今は受け入れられるでしょう。

育児

ふらいとのアイコン
ふらいと
@doctor_nw

1999年厚生労働省が「育児をしない男を父とは呼ばない」ポスターを作成し男性の育児を訴えた。当時人気の安室さんの夫SAM氏を採用したこのポスターにメディアや世間は猛反発。育児連は男性に育児の時間をと訴えた。これがこの令和の時代に出たらあそこまでの反発はあるだろうか。社会は変わってきてる

当時は猛反発だったが…。現在は受け入れられるであろう「育児をしない男を父とは呼ばない」ポスター!

当時は猛反発だったが…。現在は受け入れられるであろう「育児をしない男を父とは呼ばない」ポスター!

男性への反応

🏳️‍🌈 @DuwUdX5EtRkL1Rf

むしろ「育児するから仕事休ませろ!」と叫んだ当時の方が健全な気がするんだが……? 今だとどうなる?「どうせ無駄だから何も要求しないで冷笑する」か「仕事言い訳にして育児から逃げる」かか?そっちの方がよっぽど、と言うか「そういうとこやぞ」という感じだが。

ばあば @z63AGvMwpIeT4vV

当時知り合いが、厚労省で働いていて、そのポスターが貼ってある部屋で夜中まで仕事していると言ってました。

SuperPikachu @royalpikachu

適当に検索して出てきたグラフを見たら 当時年間80万件ぐらいだった婚姻件数が いまは60万件ぐらいらしい・・

餃子マスク @MASK_Gyoza

メディアって良くしていこうという気持ちよりも、話題になるかが重要なんだな

柏木圭一 @tst765HJASdJeM4

猛反発があったのですか?「男が育児なんて💢」って感じだったのでしょうか?

えりたん @laneboXB

ないでしょうね そして、受け入れられるでしょう 20年、って常識も変えるだけの長い時間なんですね

😷かずのこ😷🧷 @yottsie3

1999年でしたか。22年後が今。日本の道のりはなかなか厳しいですね。

聖母たゃん(108) @o_sei_bo

どこに反発する理由があるのか…

乙あり〜 @deep__wreck

biological fatherという英語もあるでな 一方で「育児をしない男を父とは呼ばない」、海外航路の船乗りさん達は辛いよねぇ。あとは長期の単身赴任とかさ。 言葉の暴力を止めようという話がこと男性を対象とした時に出てこないの、本当に不思議。

Rosemary @hitohito_3

当時の騒動をよく覚えてます。 懐かしい。 20年もかかるのか〜 とは思うけど、時代は変わりました。

246 @624jinK

コレ言ってる対象が全く別なののいい例な気がする。 育休制度が母親と同等のもので欲しい父親訴え(右のポスター) 育児が何だかわかってない上に下手したら養育費も払わない責務を果たさない男を訴えたい母の図(左のポスター) 内容が全然違う…

sigmarl ingress ファイザード @SigmarlI

双方が育児に参加するのは当然だけど 核家族化の上に殆ど家庭が共働きで、出産すらままならない状況をなんとかしないと

ドクターしりーモデルナ @moccyan15

自分の父は朝から晩まで仕事してて、だからこそ薬学にも行かせてもらって尊敬も感謝もしている 当時の父に育児もなんて口が裂けてもいえないわ…

EgaSa @EgaSaQA

あえて今同じものを使うのも良さそう

なんくる初マタ21周 @mKqVkXwPKP5LHA8

積極的な参加希望!

黄昏ほーむ|育休中 @tasogare_home

今厚労省がだしたらどんな反応になるのか気になりますね。 間違いなく炎上はすると思うけど😎🔥

リナ@2人目妊娠22w🚗 @cendrillon_100

え、これめちゃくちゃ良い💕 旦那に子供抱っこさせた写真撮って文字入れて家に貼っておこう。 無言の圧力w

昔の日本の流れから、少し前まで育児・家事など家のことは母親がやり、父親は無関心というイメージでしたが、共働きも増えた背景もありイクメンと呼ばれるパパさんが増えました。

昔は男性が働き、女性が家を守るという時代でしたが、共働きが増えるにつれただ働いてるだけのパパと家事に子育てに仕事に励むママの不満は募っていきますよね。
当時は反発されていたとしても、時が進むにつれ社会が変わり考え方も変わっていきます。
今だったら受け入れられるでしょうね。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード