話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

インスタントあるある⁉あけくちの下に作り方記載‼

皆さんはおそらくレトルトやインスタント食品、中華の素などを扱ったことがあるかと思いますが、その理由は簡単であり便利でありながらも、絶大に美味いからこそ思わず手に取るのではないでしょうか。そんな中、それらを扱う際に面倒くさいことがあるようです。

インスタント

オヨネ🦄5y+1yのアイコン
オヨネ🦄5y+1y
@Dq4O4ne

なんなん、なんであけくちの下に作り方書くん?なんなん?

インスタントあるある⁉あけくちの下に作り方記載‼

あけくちへの反応

吉世のアイコン
吉世 @ibukichiyo

担当者は怒られるだろうなー

2021-04-06 07時17分
Pretty Ghostのアイコン
Pretty Ghost @PrettyGhost15

ほんまそれ❢ マジでなんなん?ってなる❢ それと 料理屋で友達がパンみたいなの 頼んで食っとると それ なんなん?インドのナンなん?と なる(´-д・`)

2021-04-06 06時35分
kuma35のアイコン
kuma35 @sindoguest1

さりとて反対側にすると、今度はカロリーが分からなくなったりする。

2021-04-06 00時48分
倉守なべやんのアイコン
倉守なべやん @nabe4029

あぁ不親切設計(゜-Å)ホロリ

2021-04-05 22時13分
22aoiのアイコン
22aoi @milkno92

それでは聞いてください

材料3つで簡単に作れる!?もっちりぷるぷるの「ミルクもち」の作り方!

けいのアイコン
けい @keepgoing156

縦ぢゃなく横に破るタイプにすればよくね?

2021-04-05 21時25分
🦀カニ味噌🦀👸🏻👑*゚×2の(•ؔʶ̷ ˡ̲̮ ؔʶ̷)✧のアイコン
🦀カニ味噌🦀👸🏻👑*゚×2の(•ؔʶ̷ ˡ̲̮ ؔʶ̷)✧ @kanikan_miso

外から失礼します 開け口の下に賞味期限が記載されてるのもなんなん?おまいつまでなん……?ってハラハラします

2021-04-05 18時37分
ヒサちゃんのアイコン
ヒサちゃん @69SORAMAME217

FF外から失礼します🙇‍♀ ほんとほんといつも思ってるのに何回もやっちゃうやつで爆笑しました😂😂😂 あと、コンビニの揚げ物の袋の点線にシール貼るのもやめてほしい😂😂😂

2021-04-05 15時38分
めんたいこのアイコン
めんたいこ @PGm0wi1nGiAqemB

原材料表記>作り方

2021-04-05 15時15分
けちょすのアイコン
けちょす @sawa_t08

あるある

2021-04-05 14時35分
まき5号のアイコン
まき5号 @maki_sks

料理しない人がパッケージを決めているから!!←かつての私です、ハイ。

2021-04-05 12時45分
Hisashi Ohtsujiのアイコン
Hisashi Ohtsuji @MarineAnimal

自らユーザーになればわかるはずなのにね。

2021-04-05 09時13分
ishigurcのアイコン
ishigurc @ishigurc

海外に住んでるのですが、日本から輸入した製品に英語で書かれた原料表記を貼る必要があるのわかるけど、なぜ作り方にわざわざ貼るん?なんなん!っていつもなります。

2021-04-05 05時36分
sakiのアイコン
saki @tokyomoonsaki

キユーピーさーん!届いてますかキユーピーさーん! #キユーピー

2021-04-05 01時34分
Hannahのアイコン
Hannah @Hannahk1112

恐らく反対の原材料やアレルゲン表記の方が重要だからだと思います。クソリプ大変失礼しました。

2021-04-04 23時34分
コロコロ(*^^*)なんでも垢のアイコン
コロコロ(*^^*)なんでも垢 @oyaji_sfc

わーかーるー。 なぜ、反対につける気遣いがないんだろう…。

2021-04-04 22時48分
bunbun@声優志望のアイコン
bunbun@声優志望 @KiruaMayumi

それいやですよねwwww。

2021-04-04 18時27分

こちらはあるインスタント食品というよりはスープの素かと思われますが、今回紹介するうえで注目するべきポイントは開け口の部分になります。開け口に沿って引き裂かれた下の部分には作り方が書かれてあるのですが、それも開け口に沿って開けた結果見えづらくなってしまっています。

このツイート主は企業に対しての気遣いの無さをこうして訴えたものですが、意外にもこのような商品が数多くあるのではと思われます。これらの商品がこのように拡散すればいずれ企業側に目が行く可能性があるかもしれません。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード