話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

twitterの匿名利用者の割合を出した結果...実名の多さに驚き‼

皆さんはおそらくインターネット、そしてtwitterやYouTubeが切っても切り離せない手放せない関係になってしまったことですが、インターネット自体が自身の素性を特定されてしまう危険性が秘められているものです。そんな中、twitterに関する気になる投稿を見つけてしまいました。

Twitter

海南のアイコン
海南
@Hainan1867

そんなに実名の奴おるか?

twitterの匿名利用者の割合を出した結果...実名の多さに驚き‼

匿名への反応

賢仁 (ハリボテ)のアイコン
賢仁 (ハリボテ) @kenjin_TJC

芸能人なんかは実名ではないけど匿名ではないですから。

2020-12-28 04時14分
狂律 🐏🐑💛🐔🥕🦋🐬🍄🍒🌾🐜💎のアイコン
狂律 🐏🐑💛🐔🥕🦋🐬🍄🍒🌾🐜💎 @kyouritsu0821

有名人とか‥

2020-12-28 04時13分
シニオンのアイコン
シニオン @sinion123

日本人陰湿だからな

2020-12-28 03時20分
七潮拓巳のアイコン
七潮拓巳 @NaNa4_otakumiN

俺みたいな普通に考えたら偽名のヤツはカウントしとらんよな?

2020-12-28 03時18分
滉のアイコン
@kkout29718

有名人や大学教員、個人で商売やってる人以外で実名晒す必要・メリットってほぼないんだよね もうこれ、オフ0とか田所とかネット強い系とか、適当に推しの名前組み合わせて作った漢字3~5文字程度、もしくは漢字とひらがなorカタカナの人名っぽい名前片っ端から実名カウントしてるとしか…

2020-12-28 03時17分
令和実験室【ぶっ飛び系YouTuber!笑】のアイコン
令和実験室【ぶっ飛び系YouTuber!笑】 @reiwalabo

↑ 実名…??🤔

2020-12-28 03時16分
🎋猫はすべてを救う゛BBのアイコン
🎋猫はすべてを救う゛BB @eadxnm297

学生の制作系アカウントとか自営業の方とか作家は実名いますね

2020-12-28 03時11分
便乗するアラいさん(びライさん)のアイコン
便乗するアラいさん(びライさん) @araisan_inmuchu

嘘つけ海外でも実名勢はFacebookに流れるからツイッターは匿名の宝庫だゾなのだ。

2020-12-28 02時22分
イラスト集め隊@金剛型の模型購入を検討するエルフの剣士のアイコン
イラスト集め隊@金剛型の模型購入を検討するエルフの剣士 @3PADOYQ0vvxMWET

い つ も の

Twitter婚活の際は要注意!可愛らしい動物のアイコンの人とは絶対に会ってはいけない!

じやじやのアイコン
じやじや @Y2qWPIFOD38v0Jx

いないとおも

2020-12-28 02時01分
アゾナ@受験生のアイコン
アゾナ@受験生 @Azona_1925

少なくともここのリプ欄の8割くらいが本名ではない

2020-12-28 01時55分
だおみーくん!!😷🍔 暁のアイコン
だおみーくん!!😷🍔 暁 @DaomiKun

おじさんとかおばさんとか

2020-12-28 01時28分
ひろとのアイコン
ひろと @hirozrx1100saem

僕、ずっと実名ですが…🤣🤣

2020-12-28 01時08分
Dickeyのアイコン
Dickey @wildbunch1969

どうやって調べたのでしょう?各国サンプル10人くらいずつで集計したのでしょうか?特に外国人のケースは使用しているHNが人の名前らしいものだったら全部実名でカウントしていそうですね。

2020-12-28 01時02分
しゃけおのアイコン
しゃけお @syake_1000

ぼく...()

2020-12-28 00時59分
y to yのアイコン
y to y @InX4pnLdHgKVmpo

意外と実名多いな。

2020-12-28 00時56分
そらまめのアイコン
そらまめ @soramamemememem

正確に『実名』を選別する術がないから有り得ない数字になってるんでしょう

2020-12-28 00時55分

皆さん、こちらが今回紹介したかった日米韓の3国のtwitterの匿名利用者の割合が出された表の投稿になりますが、その数値はが何とも気になりますよね。なんと日本の匿名率が高いのに対し、他の2国はおよそ3割と低い数値を叩き出しているのです。これにはさすがに驚きますよね。こうなると、外国人のtwitterが本当に気になるところですよね。

そもそもネット自体がトラブルのもとになりかねないので、それを防ぐために匿名が当たり前のようなものですが、外国のネットの概念が非常に気になるところです。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード