「服は何度でも直せるし代わりはないけれど、あなたの代わりはいない」といった言葉を掛けてくれたんだそうです。子供を大切に考えている親は多くても、実際にこの場面でこの言葉を掛けてあげられる親はなかなか居ないのではないでしょうか。

ツイートに寄せられていたコメントのなかには、こんな親に育てられたかった、といった声をちらほら見かけました。確かに子供にとっては理想的な母親ですよね。
「親はこうあるべき」とは一概には言えないものの、こんな親になれるように心掛けたい、そう感じました。