他国を見ると時給増加率は20年経過すれば増加傾向にあり、基本的にはそれが当たり前となっております。
しかし日本だけはむしろ減少しているようで刑期がよくなっていないと感じるのはこういったところに出ているのかもしれませんね。

20年も経てば最低賃金や時給と言うものは増加していないとおかしく、日本だけが取り残されているように感じますね。
他の国は結果を出しているだけに日本だけが減少しているのはかなり残念な気がしてなりません。