話題の画像が見つかる。

今の若い人たちの価値観を理解できない。それは昭和の価値観を引きずってるから

「今の人の価値観」と「昔の人の価値観」を解りやすく絵と文字で表してくれています。「昔の人の価値観」では「今の人」を「ただ単に若者の能力が無いだけ」と思ってしまいがちですが、両者には根底の価値観が全く違うとツイート主さんは言われています。

今の若い人たちの価値観を理解できない。それは昭和の価値観を引きずってるから

昭和への反応

K.Hisamatsuのアイコン
K.Hisamatsu @PopeyeCityboy

社会のルールが法律より優先? 例えば何でっか?

ぐれびっちのアイコン
ぐれびっち @Mikoyan29

しかし、若いドライバーでも40キロ制限を本当に40キロ以下で走る人はまれですよ。信号もないのに歩行者に道を譲るドライバーも稀。 結局、自分にとって都合のいいように基準を伸縮させてる人がいるってだけだと思いますよ。 今も昔も。老いも若いも。

すみれのアイコン
すみれ @ava_no_sumire

凄い!まさにですね!わかりやすい! マニュアル修正確かに山ほどしたなぁ

ねこがたのアイコン
ねこがた @nekogata0930gm1

今の若者を言うのなら、その「社会のルール」は「自分達のルール」に置き換えれると思います

長谷川
長谷川"シャンシャン"平蔵🐼 @colt1911qp

これポスターにして店に貼ります🤘 大事件だろうな🤣

ktmrのアイコン
ktmr @3267841828

でもこれだと若者が安倍政権支持してることへの説明がつかない気がする…

シバママのアイコン
シバママ @yokotunashima

法律の中で刑法は生命(死刑)、身体(懲役・禁錮)、財産(罰金)に対するペナルティがあり、民法上の争いは金銭的解決に帰着するのが普通。法律は人の生活を何らか形で縛り制限するもの。…

大源 通義 (Michiyoshi Taigen)のアイコン
大源 通義 (Michiyoshi Taigen) @T_Michiyoshi

やっと人治国家から法治国家になったか。やっと時代が追い付いてきた。日本の古代から続く相対的奴隷制度がなくなればいいけど、これがなくなるのはかなり激しい闘争が行わ…

やまたけ@素人物書きのアイコン
やまたけ@素人物書き @ngh29244

このグラフだと、 今の人の価値観は「杓子定規」 昔の人の価値観は「なあなあ主義」 といったところでしょうか? FF外失礼しました。

donnatのアイコン
donnat @donnat311

うん、うん。判る判る。 私も道徳が優先! 道徳と法律なら絶対に道徳を基本に行動する。

太一のアイコン
太一 @travelik1

人間「客観視」は必要不可欠な物だと思っています。 価値観という物は時代と共に変化します。 自分達だって若い頃は自分達の価値観で生きてきた筈。 それを自分達の価値観に固執し、現代に当て嵌めようと するのは如何な…

黒緑PW 飢不足 無様(Lycoris radiata)のアイコン
黒緑PW 飢不足 無様(Lycoris radiata) @mbpr5189

良かった、自分はまだ若いわ。

田口 邦弘のアイコン
田口 邦弘 @iamtgc

「マニュアル自体が明らかにおかしい場合は正そうとする」人なんています…? これをしてなかったら、ただニヒリズムに近づいただけですよね

ぬほのアイコン
ぬほ @crane_www

どっちが悪いとかないから

やきぴ 悪党 伝説対決 arena of valor AOV LOL moba vaingloryのアイコン
やきぴ 悪党 伝説対決 arena of valor AOV LOL moba vainglory @ArenaAov

生まれてからこの方、いい時代がなかったし今後もない

かえるんのアイコン
かえるん @zcgtgytrwwhh

今の人の価値観は、昔の人が作った世界、価値観を改善、反面教師にしながら出来上がったものだと思う。 それにも関わらず、今の若い人の価値観を理解できないというのはおかしい。理解しないと。

モラ🐗💨のアイコン
モラ🐗💨 @moral10

法治国家なら常識なはず

絵と文字でまとめてあるのでとても解りやすかったです。「今の人」は「昔の人」に「今の若者は」や「私たちの時代は」などと言われがちですが、この画像を見て是非考えて貰いたいと思いました。
年齢が上の人で多いのが法律で考えるとギリギリセーフな部分を「社会のルール」としてあたりまえに強要されたりする方が居ますが、本当に辞めて頂きたいと思います。
日本は法治国家で、今の若者はそこをシビアに追求する傾向があるので、訴えられてからでは遅いのですが「暗黙の了解」を当たり前にしている人の多い事に驚きます。

この記事に関するキーワード

おすすめ記事