一般人が悪口を言った場合、その場で言ったことであり印象には残らないことがほとんどです。
しかし名だたる文豪ともなると悪口一つでセンスが感じられるようで才能が溢れているのかもしれません。
中原中也さん、太宰治さん、谷崎潤一郎さんの悪口を見ても一般人とはちょっと違いますねw

皮肉が効いているものもあれば太宰治さんのように刺すといった端的に表したものもあるみたいです。
こんなことを言われたら一生心に残ってしまいそうですねw