そのシンデレラが来ている水色のドレス、女の子なら誰でも一度は憧れたことがありますよね。
映画ではドレスシーンはとても美しく、憧れがそのまま再現されていましたが、あの美しいドレスはCGなどではなく、職人たちの手によって作られたものなんです。

それだけでも驚きですが、胸元に飛んでいる蝶の装飾は、日本人アーティストの作品だそうです。とても細かいところまで拘られていて、本当に夢がありますね。

ドレスの細部にまでこだわられているシンデレラ。日本人も制作に関わっていることを知って見るとまた違った楽しさが見えてきますね。