生け花・生き甲斐・生え抜き・生娘・生絹・生業・生計・生い立ち・生半可・生憎・生前・生まれて・生涯・生粋・生。

この文章で使われている「生」だけで、こんなに数があります。

さらに70個ほど違う読み方をする熟語を抜粋してくれていますが、初めて見たものもありました。

フィギュアスケートで活躍中の羽生結弦さんと名棋士の羽生善治さんも、同じ「羽生」なのに読み方が違うと話題になりましたね。

漢字だけでもこんなに難しいのに、さらに平仮名・片仮名を覚え、挨拶や丁寧語まで覚えて喋る外国人は、尊敬しかできません。