保健師や小児科医に「なぜ予防接種を受けさせていないのか?」と聞かれたときを想定した問答集です。

確かに予防接種は義務ではありません。しかし予防接種でどれだけの子どもが救われてきたのか知っていれば、受けさせないという選択をできないと思います。

「○○の病気にかかる人はほとんどいません」というのは、予防接種を受けているからです。それなのに“医師”がこんな雑誌で言ってしまうと、信じてしまう人が出てきます。

「予防接種を受けてないのに、○○にかからなかった!」というのも、周りがほぼ受けているから広がらないだけです。

予防接種は義務ではないですが、子どもの将来や巻き込まれる人のことを考えてください。