子供の個性を尊重した教育をするべきかという議論は多々ありますが、実際に何が正解かはわかりません。

ですが大人が子供のためを思って口にした言葉も、もしかするとこの画像のように子供の動きを封じ込めている可能性もあります。

子供は無限の可能性を秘めています。

何が自分に向いているのかわからないのですから、縛り付けずに挑戦させることも大事かもしれません。

学校や家、街中など大人と子供が接する機会は多いですが、みんなが居心地のいい環境を作れたらいいですね。