ヤバイとだけ送ってきたこちらのお母さま、それは確かに「ヤバイ!」と返信したくなるような画像でした。

映画の世界で、こういう光の後に何か怪獣みたいなやつらが現れて街を破壊する…という光景まで想像できてしまいました。
オカン、とてもナイスです!

しかし偶然とはいえこんな写真が撮れたら誰かに見せたくなりますよね。
子供に送るあたりが母の愛を感じ、少し心が温かくなりました。

雷の音がゴロゴロ聞こえてきたら、この写真を撮るチャンスですよ!