世界遺産や文化遺産などの観光地を訪れる、また旅行する際にそのような場所に立ち寄る機会がある方も多いかと思います。今回話題となっていたのは、福井県勝山市にある国史跡の白山平泉寺の境内にたてられた看板です。看板には、「参拝者の方に対し学術的にも確証のない自論を説明している人物がいる」と多の訴えが寄せられたというもので、ネット社会にも同様の被害が多く見受けられることから、注目が集まっていたようです。

ネット社会にも、現実社会にも同じような人物がいるということが、今回の話題で判明しましたね。