アニメや漫画、そしてゲームなどは、日本独自の技術や芸術性を誇る文化として世界にも名が知られています。これらの嗜好性の強い趣味や玩具、の愛好者の一部が二人称として「お宅」と呼び合っていたことから、アニメや漫画、ゲームなどを好きな人をオタクと呼ぶことがあります。この、通称「オタク」に対してのイメージのアンケートを街頭で行ったところ、「清潔感がない」「3次元にはいけないから2次元に走る」など、辛辣な意見が取り上げられていたことが、注目されていたようです。

漫画やアニメ、ゲーム好きにも様々な人がいるため、このような意見が必ずしも正しいとは言い切れませんね。