材料はいたってシンプルです。焼きおにぎり(冷凍でも勿論可)、家に余りがちな永谷園のお吸い物、そしてお湯、この3つです。耐熱性の器に焼きおにぎりをいれ、上から永谷園のお吸い物を振りかけます。そして、その上からお湯を注ぎ入れ、適度におにぎりを崩しながらたべると、手抜き料理とは思えないほどの美味しい食べ物が手軽に作れてしまうということでした。スーパーでも売っている手軽な食材をつかっており、料理の工程も難しくないため、簡単に作ることが出来ます。

小腹がすいた時、インスタント食品などを食べるよりも、おにぎりとお吸い物で味付けをしたものを食べるほうが健康的ですね。作り方もシンプルなため、誰でもマネすることが出来てとても便利なレシピでした。